スポンサーリンク

Samsung、次期iPhone X向けOLEDパネルを5月から生産開始か

AppleにOLEDパネルを供給するSamsungディスプレイは、iPhone向けOLEDパネルの生産を来月から再開するようだ。台湾の経済誌 経済日報が報じた。

 

スポンサーリンク

次期iPhone向けOLEDの生産が本格化

報道によると、Samsungディスプレイは5月からiPhone向けOLEDパネルの生産ラインを再開する。5月のOLED生産能力は約200万~300万枚で、6月からは生産能力を月産400万~600万台へと倍増する計画だという。

これらのOLEDパネルは、今秋に発売されるであろうiPhone Xの後継機種向けとなると予想される。Samsungディスプレイは6月末または第3四半期の初めまで生産を再開しないと見られていたが、生産スケジュールは当初よりも前倒しされたようだ。

次期iPhone Xのラインナップは、昨年と同じく5.8インチOLEDモデルに加え、より大型の6.5インチOLEDモデルと6.1インチ液晶モデルが予定されている。Appleは2018年内に、iPhone向けに1億~1億3000万枚のOLEDパネルを注文するとみられている。

 

Source:経済日報 via MacRumors
Image:iDrop News

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう