スポンサーリンク

Galaxy S9 miniか?Samsungの未発表モデル SM-G8750がTENAAに登場

先週、Snapdragon 660を搭載するSamsungの未発表デバイス「SM-G8750」がベンチマークに登場した。中国のリーカーは、SM-G8750がGalaxy S9 miniだと主張している。

昨日、新たにこのモデル番号に似たSamsungの未発表デバイスが、中国の認証機関 TENAAのWebサイトに登録されていることが確認された。TENAAにはデバイスの画像やスペックも登録されている。

 

スポンサーリンク

Galaxy S9と同じ仕様の別モデル

TENAAに登場したデバイスは「SM-G8850」で、主なスペックは2月に発表されたフラグシップ機「Galaxy S9」とほぼ同じだ。

5.8インチ QHD+ SuperAMOLEDディスプレイを搭載し、「Infinity Display」と呼ぶベゼルレスデザインを採用。プロセッサには2.8GHz駆動のExynos 9810、8MPフロントカメラ、3,000mAhバッテリー、Android 8.0 Oreoを搭載する。本体サイズは147.7 x 68.7 x 8.4 mm、重さ163gでこちらもS9と同じだ。

だが、異なる点もある。それはメモリ容量とメインカメラだ。メモリは4GBと6GBの2種類が用意されるようだ。また、カメラは12MPのデュアル構成になり、配置も中央から左上へと移動されている。

SM-G8850に関する情報は他になく、詳細は不明。海外メディアは、このモデルがGalaxy S9 miniの上位モデルやGalaxy S9の中国市場向け特別モデルではないかと予測している。

 

Source:TENAA via SamMobile

スポンサーリンク