スポンサーリンク

ソニー、Xperia XZ2 Premiumを発表。4K液晶とデュアルリアカメラ搭載

ソニーモバイルは4月16日、4KディスプレイとISO 51200の高感度をサポートするデュアルカメラを搭載する新Xperia「Xperia XZ2 Premium」を発表した。発売時期はグローバル市場で2018年夏の予定。価格は現時点では明らかにされていない。

 

スポンサーリンク

一眼レフクラスの高感度カメラ

XZ2 Premiumの最大の特徴は、Xperia初搭載のデュアルリアカメラにある。2月の「MWC 2018」で公開された新開発のMotion EyeデュアルカメラとAUBE fusion ISPを搭載し、スマホ市場初となる静止画でISO 51200、動画でISO 12800の高感度撮影を実現した。

このデュアルカメラは、19MPのカラーセンサーと12MPのモノクロセンサーで構成される。モノクロセンサーには、より多くの光を取り込むため、F1.6の大口径レンズやセンサーサイズ 1/2.3インチ、ピクセルサイズ1.55μmの大型センサーを採用。

これら2つの画像をAUBE fusion ISPでリアルタイムに合成することで、デジタル一眼レフに匹敵するクリアでノイズの少ない高感度画像を実現するという。

また、このデュアルカメラにより、背景をぼかしたポートレート撮影や、モノクロセンサーだけを使用した繊細なモノクロ写真が撮影可能。ほか、XZ2と同様、4K HDR動画撮影やフルHDで960fpsのスーパースローモーション機能、先読み撮影、3Dクリエイターをサポートする。

 

5.8インチ4K HDRディスプレイ搭載

ディスプレイには、HDR対応の5.8インチ 4K液晶ディスプレイを搭載。従来モデルと比べて11%大きく30%明るくなったという。アスペクト比は従来どおり16:9となる。AmazonプライムビデオやNetflixでの4K HDR動画の視聴が可能なほか、BRAVIAで培った超解像度技術「X-reality for mobile」により、従来の動画を4K HDR相当にアップコンバートし、映画のような色再現性を実現する。

外観はXZ2と同じく、新デザイン「Ambient Flow」を採用。背面には液体のような質感を持つリキッド3D曲面ガラスを持つ。前面はXZ2のような狭小ベゼルではなく、極太ベゼルとなっている。カラーバリエーションはクロームブラックとクロームシルバーの2色展開。

主要スペックは、プロセッサにQualcomm Snapdragon 845、メモリに6GB RAM、内蔵ストレージに64GB、OSにはAndroid 8.0 Oreoを搭載する。バッテリーには大容量の3,540mAhを搭載し、STAMINAモードなどの省電力機能を併用することで、一日稼働が可能だとしている。また、高速充電とワイヤレス充電をサポートする。

 Xperia XZ2 Premium
OSAndroid 8.0 Oreo
ディスプレイアス比16:9 5.8インチ 4K(2160 x 3840) HDR対応トリルミナス液晶
プロセッサQualcomm Snapdragon 845
RAM6GB
ストレージ64GB+microSD(最大400GB)
メインカメラMotion Eyeデュアルカメラ
19MPカラーセンサー、1/2.3インチ Exmor RS、1.22μm、F1.8 Gレンズ
12MPモノクロセンサー、1/2.3インチExmor RS、1.55μm,、F1.6 Gレンズ
フロントカメラ13MP 22mm広角レンズ F2.0
ネットワーク2G/3G/4G LTE
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac 2.5GHz + 5GHz
Bluetoothv5.0
NFC
生体認証指紋
バッテリー3,540mAh 高速充電、ワイヤレス充電(Qi)対応
その他USB Type-Cポート
IP65/68 防水防塵
カラーバリエーションクロームブラック/クロームシルバー
サイズ158 x 80 x 11.9mm
重さ236g

 

Source:Sony Mobile

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう