スポンサーリンク

ZTE、2つのノッチを持つコンセプトスマホ ZTE Icebergを公開

ZTEは、氷のような全面ガラスデザインと2つのノッチを備えるコンセプトスマホ「ZTE Iceberg」をiF World Design GuideのWebサイトに公開した。IcebergはZTEの近未来のスマホデザインを明示している。

 

スポンサーリンク

ガラスでデバイスをサンドウィッチ

Icebergの特徴の一つは全面ガラスデザインにある。2枚のガラスをデバイスの前後から張り合わせるガラス接合技術により、まるで氷のかけらのようなシームレスなユニボディデザインを実現する。デバイスの四隅はガラスの魅力を感じてもらうため、あえて透明にしているという。

もう一つの特徴はディスプレイ上下のノッチだ。ノッチを設けることで、上下のベゼルをギリギリまで狭小化。縦長のディスプレイをフルに活用することが可能になり、画面占有率の向上にも貢献する。上部のノッチにはフロントカメラやセンサー類、レシーバーを備え、下部のノッチにはスピーカーを収容する。

背面には指紋センサーとデュアルリアカメラ、ワイヤレス充電を装備。さらに、メーカーのロゴの下にはアタッチメントが用意されている。このアタッチメントがどのように使用されるのかは不明だが、モトローラ「Moto Z」のように機能拡張用モジュールが用意されるのかもしれない。

ZTEによると、このコンセプトスマホは2018年以降に製品化の予定で、主にアジア、欧州、北米市場をターゲットにしているとのこと。

 

Source:iF World Design Guide via WinFuture

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ZTEZTE, ZTE Iceberg

Posted by emon