スポンサーリンク

Samsung Galaxy A6/A6+が公式サイトに掲載され、スペックが判明

Samsungのインドネシア公式Webサイトに、未発表モデル「Galaxy A6/A6+」のサイトが登場し、正式発表前ながらスペックやデバイスの外観が明らかとなった。両モデルはSamsungのミッドレンジスマートフォンに位置するが、縦長の「Infinity Display」を備えているのが特徴だ。

 

スポンサーリンク

スペック

Galaxy A6

  • ディスプレイ:5.6インチ HD+(1480 x 720)AMOLED
  • プロセッサ:1.6GHz オクタコア
  • メモリ:3GB RAM
  • ストレージ:32GB(256GBまで拡張可能)
  • リアカメラ:16MP(F1.7)
  • フロントカメラ:16MP(F1.9)
  • バッテリー:3,000mAh
  • サイズ:149.9 x 70.9 x 7.7 mm

Galaxy A6+

  • ディスプレイ:6インチ フルHD+(2220 x 1080)AMOLED
  • プロセッサ:1.8GHz オクタコア
  • メモリ:4GB RAM
  • ストレージ:32GB(400GBまで拡張可能)
  • リアカメラ:16MP(F1.7)+5MP(F1.9)デュアル
  • フロントカメラ:24MP(F1.9)
  • バッテリー:3,500mAh
  • サイズ:160.1 x 75.7 x 79mm

両モデルともOSはAndroid 8.1 Oreo、ディスプレイにはフラグシップ機「Galaxy S9/S9+」と同じアスペクト比18.5:9のInfinity Displayを採用。だが、S9/S9+ほどベゼルは狭小化されていない模様。まだ、Sシリーズの特徴である曲面ガラスは用いられておらず、フラットな画面となっている。

プロセッサはA6がExynos 7870、A6+はSnapdragon 450を搭載。メモリやストレージについては、噂によると市場により3GB/4GB RAMと32GB/64GBストレージモデルが用意される模様。生体認証には指紋認証と顔認証に対応。ほか、Samsung独自のAI機能「Bixby」をサポートする。

価格については、A6は300~340ユーロ(約4万~4万5000円)、A6+は360~400ユーロ(約4万7000~5万3000円)と予想される。公式発表日はまだ明らかではないが、5月中の発売予定とのこと。

 

Source:Samsung via SamMobile

スポンサーリンク